胸の下垂が原因 たるんだ胸にハリを取り戻せ

女性らしさを形作るのはバストです。これからの時期特に胸のラインも目立つようになってきます。バストの美しさを保つには大胸筋が大事です。ここではバストを支える土台になる大胸筋とバストの関係について知りましょう。

 

大胸筋メンテナンスで綺麗な胸に

 

バストケアには大胸筋の事を考えるべきです。大胸筋は鎖骨部、胸助部、腹部の3つからなる胸部の大きな筋肉の事です。運動好きな人でもない限り普段あまり使う事はありません。

それだけに年齢に関係なく下垂やゆがみが生じやすいポイントです。

一度大胸筋に下垂やゆがみができてしまうと、その上に乗るバストもいろいろなトラブルを起こします。

年齢だから重力には逆らえないと諦めがちな胸の垂れも、実は根本的な原因は大胸筋の下垂にあるわけです。

また左右のバストが離れてしまい谷間が無くなる事も大胸筋がゆがんで、外側に開いてしまった事から起きます。

さらに、胸の位置が本来の所になくズレてしまうと、代謝も滞り、乳房の肌のハリも艶もなくなります。

このようにバストの状態を決定づける大胸筋のケアをする事は美しい胸には欠かせません。

大胸筋の位置が正しい位置にあるか確認してみましょう。さらに大胸筋の下垂は猫背も引き起こします。

大胸筋が下垂してしまうと、肩から背中にかけての筋肉が全屈するようになります。すると猫背になり肩甲骨もゆがむようになります。

猫背で首から背中にかけてこんもりと贅肉が付いている人がいますが、その原因もこれです。

大胸筋の下垂には筋トレがいいです。

腕立てやベンチプレスなどが効果的です。美しい胸のためには多少頑張らないといけません。楽しんでやってみましょう。

 

綺麗なバストラインを保ちたいならナイトブラ

成長期や、妊娠、授乳、産後、加齢などで女性のバストラインは日々変わっていきます。

綺麗なバストラインを保つ為には、ナイトブラをする事が重要です。

日中はブラジャーをしていても、帰宅してからは外してしまう方が多いと思います。

ですが、寝ている時のバストはとても無防備になっており、何もしないと綺麗なバストラインが崩れてしまう原因となります。

人の寝方は様々です。

仰向けであったり、横向きであったりしますが、どの寝方をしていてもナイトブラをしていないとバストは常に重力の影響を受けています。

この重力の影響を受ける事によりバストが広がったり、垂れてしまう原因となります。

また寝返りをうつ事によって、色んな方向にバストが動く為ダメージを受けてしまいます。

これが睡眠時間中ずっと続くのです。

せっかく日中ブラジャーをしてバストラインを保っていても、睡眠中のダメージによりバストラインが崩れてしまいます。

しかも、一度崩れたバストラインを取り戻す事は容易ではありません。

寝ている時こそバストケアが必要なのです。

寝ている時にブラジャーをするのは息苦しいからしたくない、とナイトブラを避けているのであればそれは間違いです。

ナイトブラは通常のブラジャーと違い、寝ている時に着けても息苦しくなく、快適に過ごせるように作られています。

また、一度着けたけど窮屈なので止めてしまったという方はサイズが合っていなかったのかもしれません。

ブラジャー同様、きちんとしたサイズの物を購入する事をお勧めします。

サイズだけでなくデザインや素材も様々ある為、お店で相談する事でご自身に合ったナイトブラを見つける事が出来るはずです。

寝ている時に何もバストケアをしないと、どんどんバストラインは崩れてしまいます。

しかも、寝返りや寝ている時のダメージで、クーパー靭帯が切れたり伸びたりするとクーパー靭帯は元に戻る事はありません。

あの時にケアしておけば良かったと考えても戻す事は出来ません。

ですがナイトブラを着ける事でこれらのトラブルを避け、バストラインを保つ事が可能です。

直ぐにでも始める事の出来るナイトブラで、夜のバストケアを行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です