授乳後のバストの維持にはダイエットとインナーが重要です。

授乳中はバストの中で母乳が作られており、ある程度大きくなって張っているのでゆくゆく垂れてしまうということをすっかり忘れてしまうものです。

ですが授乳を中止した途端に母乳ができなくなってバストの形が崩れてしまいがちなので、授乳中から何かしておけばよかったと後悔しがちです。

授乳中のバストケアについては、実際にマッサージをすると母乳が飛び出すほど出てしまったりしてしづらいものですし、バストケアのためのクリームなどを使用すると赤ちゃんが母乳を飲む際に口に入ってしまうおそれがあることから簡単にはできないものです。

バストケアについては、太りすぎないようにダイエットをしておくことである程度できるものです。

産後太ってしまい、上半身にぜい肉が付いたままになると授乳後にはバストが張らなくなるためにバスト辺りのぜい肉が重力に負けて垂れてしまうのです。

しかし授乳中に適度にダイエットをしておけば余計なぜい肉が体に付きにくくなるので、バスト自体が垂れてしまってもそれほど目立つことがありません。

また授乳後のインナーについても気を付けなければいけません。

授乳後も授乳中のインナーをそのまま使用してしまう人もいますが、授乳中と授乳後ではバストの大きさは最低でも1カップ以上は違うものなので、授乳後はきちんとバストのサイズを測って新たなインナーを着用してバストが垂れないようにしておくべきです。

授乳後のバストケアをするためのインナーは専用のものがあって値段は少々高めになっていますが、他に自分で何もしなくてもいいので授乳後の育児で忙しいという時期には適したアイテムです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です