日常生活の中でしておきたいバストケア

underwear

年齢を重ねてくるといろいろな部分の老化が進行してくるのでバストにも影響してきてしまいます。美しいバストを保ち続けていくためには日常生活の中でしっかりケアしていく必要があります。そこで日常生活の中でしておきたいバストケアをいくつか挙げていく事にしましょう。

マッサージ

年齢を重ねてきても美乳を保ち続けるにはまずバスト周辺の血行を良くしていく必要があります。バスト周辺の血行が良くなると女性ホルモンの分泌量も多くなり必要な栄養素も行き渡るようになります。それでバストにハリや弾力性が出てくるので美乳を保ち続ける事が出来ます。バスト周辺の血行を良くしていくにはマッサージが効果的なので入浴中に手で優しくマッサージをしてみるいいでしょう。

保湿クリームを塗る

年齢を重ねてくると肌の水分量が減っていて乾燥しやすくなるのでバストにも影響してきてしまいます。美乳を保ち続けるにはバスト周辺の肌を乾燥させない事が大切になってくるので入浴後に保湿クリームを塗ってバスト周辺の肌を保湿させるようにするといいでしょう。

大豆製品を食べるようにする

納豆や豆腐など大豆製品には女性ホルモンの一種であるエストロゲンと同じ働きをするイソフラボンが配合されています。イソフラボンを摂取する事で女性ホルモンの分泌量を高める事になるのでバストに必要な栄養素を供給する事が出来ます。それにより美乳を保ち続ける事が出来るようになるので日常生活の中の食事で大豆製品を食べるようにしてみるといいでしょう。

日常生活の中でしておきたいバストケアはこのようにあるので実践してみるといいでしょう。

美しいバストにするためにしていることは

美しいバストにするためにしていることには、ブラ選びがあります。バストが垂れてしまうのは年齢を重ねるためどうしようもないということもありますが、そのまま仕方がないこととして放置してしまうことで形がどんどん崩れてしまうようにもなってしまうものです。

ですから崩れを防ぐためにもちゃんとバストを持ちあげることができるブラを選ぶようにしています。形崩れしないブラといえばワイヤーでしっかり固定されているブラがありますが、ワイヤーも使っているうちに曲がってしまって胸を圧迫したり、ブラから飛び出てしまったワイヤーで胸を傷つけてしまうこともあるので注意しています。

なのでワイヤーがバストに当たらないようにするために、ブラ自体の形も崩れないように洗濯ネットでブラを洗うようにもしています。そうすることによってバストを傷つけることもなくなって良いです。

また、バストを持ちあげることよりもバストが苦しくなく快適に使えるようにしたい時はノンワイヤーのブラを選ぶようにもしています。ノンワイヤーのものでも形崩れしないように作られているようなものであればバストの形が崩れることなく安定するので良いです。

ノンワイヤーのブラは見た目の華やかさよりも着心地の良さを大事にしているものでもあるので、レースなどの余分な飾りはついていないことも多いですが、Tシャツ1枚で快適に暮らしたいような時はインナーがシャツやトップスにも響かなくて良いです。バストの美しいラインを見せることもできるので、スタイル良く見せることにもなっておすすめです。

自分にジャストフィットするブラジャーの選び方とは

女性にとっては強い味方でもあるブラジャーですが、時に煩わしく感じる事があります。ワイヤーの締め付けが苦しかったりする事は多いですし、締め付けの跡にかゆみを感じたりするケースは多々見られます。

なので基本的には多くの女性が我慢しながらブラジャーを着用していますが、この様な問題は自分にジャストフィットしたブラジャーを選ぶ事で解決できます。と言うのもブラジャーをつけた時に締め付けが強かったり胸が窮屈だと感じる場合の原因は、そのほとんどがブラジャーのサイズが自分のバストに合っていない事になります。

なのでジャストフィットしたブラジャーをつける事でその様な問題はほぼ全てが解決されますが、このジャストサイズのブラジャーを選ぶためには少しの工夫が必要になります。その工夫とは一度専門店でしっかりとサイズを測ってもらう事で、基本的に専門店での測り方は通常行われている様なバストの計測とは違っています。

そもそも、バストと言う物は左右対称にはなっていません。利き腕の問題や普段の生活の仕方で偏りが出ることが当たり前になっていて、一般的に使われているAカップやCカップなどのサイズでは対応できないケースが多く見られます。

なので一度キチンと測ってもらい、基本的には大きいと方に合わせてブラジャーを選ぶようになります。

なお、この様に正確な測定を行っても時間が経つと体型が変化する事があります。そうなると再び同じ問題が発生するようになりますので、できれば定期的に専門店に足を運びバストサイズを測り直した方が良いとされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です